改正貸金業法

改正貸金業法は平成18年12月20日に公布され、平成22年6月18日に完全

施行されています。

この改正貸金業法により、カードローンを利用する側にとってかわった

ことも結構ありますので、簡単に紹介したいと思います。

詳しいことに関しては、こちらに書いているので見てくださいね。

【借入総額が、年収の3分の1までに】

総量規制といって個人の方の借入総額が、原則的に、年収などの3分の1

までに制限されるようになりました。(例外もあります)

この総量規制により、今まで借りれていた人が借りられなくなったとい

うこともあることでしょう。

まあ、借りすぎてしまうと、返済が間違いなく大変になってくるので、

いいことだとは思いますけどね。

ただ、この総量規制に借りられなくなった人たちが、闇金融・悪徳業者

などで借りないことを祈るばかりです。

【専業主婦(夫)の方は配偶者の同意が必要に】

専業主婦(夫)の方は配偶者の同意者や夫婦関係証明書などの提出が必要となっています。

カードローンを利用することに対して、配偶者からOKが出ないと借りられないということですね。

専業主婦だと直接的には収入がないですからね。夫に内緒で・・・っていうことができませんね。。

【一定以上の借り入れは、年収の証明が必要に】

貸金業者が自社からの貸付が50万円を超える貸し付けを行う場合には、複数の貸金業者からの貸付合計が100万円を超える貸し付けを行う場合、収入を明らかにする書面の提出が必要となっています。

ちゃんと収入があるということを証明できないと、貸付できないよということですね。注意:主婦借金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です